【徹底解説】名作 ウォブリング系スプーン BUX (3.8g) の全てを紹介

BUX (バックス) とは

アングラーズシステム株式会社 (茨城県) のスプーンです。

BUXには、管釣り用のエリア(下図左)と
それ以外のフィールド(下図右)の2種類があります。

エリアとフィールドの違い

違いは、ウェイトとカラーです。

ウェイトは、
エリアは1.5/2.5/3.5gの3種類、
フィールドは3.8/5.1/6.5/9.3/12.3gの5種類。

カラーは、エリアが33種類、フィールドが22種類。

私所有のBUX

所有しているのは、フィールドの3.8gです。
金メッキが7個、銀メッキが3個、シェルと単色が各1個。

BUX (3.8g) の全長・全幅

全長は37mm、全幅は11mmです。

特徴と特長 (得意な水深や推奨リトリーブスピード)

特徴は、
形状がフロントが広い前頭部幅広形状
アクションはウォブリングです。

特長は、圧倒的な浮き上がりづらさであり、
それによる一定層のキープ力です。
 ※また全長が37mmあるため、
  飲み込まれづらくルアーのロスト率も低い。

得意な水深は、30cm~約2mまでと、
かなり幅広い水深に対応可能です。

推奨リトリーブスピードは、約30[cm/秒]です。

使い方 (順序やリトリーブスピードなど)

順序①:魚の活性状態を確認
その日に最初に投げるルアーとして、
魚の状態を調査するサーチルアーとして、
まず使ってみて下さい。

なぜなら、ヤル気のある魚を引き付ける
ウォブリングアクションであるため、
魚の活性状況の確認が容易です。

順序②:魚が反応する水深を調査
着水後、1秒ずつ沈めて、
魚が反応してくる水深を調査して下さい。
 ※ルアーが、魚体に触るなども含まれます。
1秒で約30cmは沈むため、
池の最深部が3mであれば、10回キャストして下さい。

順序③:その日その時間のベストカラーを調査
順序②までで、狙うべき水深が決定するため、
次に魚が反応せずにはいられないベストカラーを調査します。

やり方は簡単。
どんな色でも良いので1色を5投して下さい。
1投目から反応があれば、そのまま使って下さい。
5投しても反応が薄い場合はカラーローテンションです。
 ※1投目が金メッキ系なら、
  次は銀メッキ、その次は単色系と変更

順序③まで行えば、良い結果が帰ってきますよ。

BUXの釣果実績

釣果の一部ですが、
このスプーンは、釣れます。
トラウトだけではなく、ブラックバスも釣れます。

以下、ブラックバスの釣果。

購入方法

店舗で売っていないことがあるので、
購入する場合は、
ネットが確実です。



コメント

タイトルとURLをコピーしました