【管釣り ライン】サンヨーナイロン GT-R N-spec HMを新たに導入

こんにちは、矢形です。

これまで管釣りラインでは、
ピンクセレクションをメインでしたが、
ブラックバスで多用していたラインも使ってみようと思い、
1,200m分購入しました。
 ※右側はリールに巻いたため、使用済み

このラインを使用した釣果記事もあります。
【管釣り】ナイロンライン(5LB)の釣果 ※GT-R N-Spec HM


ブラックバス釣りでは、
14~20lbを使用してましたが、
管釣りでは、5LBです。
このラインも、太陽光線が当たると
薄い紫色になるため、
ラインでアタリが取りやすいです。

ご興味があれば、
下記からご覧ください。

以上

コメント

  1. コサック より:

    はじめまして。
    GT-R HMの研削でたどり着きました。

    エリアフィッシングでHMの5lbを検討しているのですが、ピンクと比べて糸のコシといいますか
    硬さに関してはどのような印象でしょうか?

    19ストラディックC2000&62ULで1.3-5.2gのスプーンを投げるのですが、重量級ならばいいものの
    ごく稀に投げる2g以下のスプーンの時にライントラブルが起きそうでいろいろ検索していました。

    よろしければピンクと比べてのHMの使用感を教えていただければと思います。

    • 矢形 より:

      コサック様

      こんにちは、矢形と申します。
      コメントを頂きまして、ありがとうございます。

      私感になりますが、回答いたします。

      糸のコシ(硬さ)が強いのは、HMです。
      一方で、ピンクはHMよりも柔らかさがあります。
       ※糸の直径(5lb)は、両方とも0.185mmなので、
        製法の違いがあると思います。

      次に、「ごく稀に2g以下のスプーンの時のライントラブルが起きそう」について回答します。

      ご存じのとおり、ライントラブルの原因は、
      スプーンがリトリーブ中に回転することでの
      「糸のヨレ」のため、ヨレてなければ、
      どちらのラインを使用しても大丈夫と思います。

      そうは言いつつ、
      私なら、ピンクを使用すると思います。
       ※私が使用する一番軽いスプーンの重さが2.5gなので、
        その経験からの回答になることをご容赦ください。

      理由は、HMの場合はコシがあるので、軽いスプーンを投げたときに
      ラインとガイドの接触抵抗が大きく、飛距離が出づらいと思います。
      一方で、ピンクはHMよりも柔らかいため、抵抗が小さくなる分、
      飛距離が出しやすいと思うためです。

      言葉足らずの部分があると思いますが、
      上記の回答がお役に立てれば、幸いです。

      以上

      • コサック より:

        矢形様

        詳しい返信ありがとうございます。

        詳しい使用感非常に参考になりました。
        教えていただきました事を参考にしましてラインを選ばせていただこうと思います。

        • 矢形 より:

          コサック様

          こんばんは、矢形です。

          その他にご不明な点がございましたら、
          コメントで教えて下さい。
          可能な限り、回答を致します。

          デッカイ魚が釣れると良いですね。

          では、失礼します。

タイトルとURLをコピーしました