【管釣り リール】スピニングのドラグ調整方法

この記事は、下記の方に役立ちます

・管釣りを始めたばかりで、ドラグ調整の相場感を知りたい

結論は、リールに巻いている
ラインのポンド数に対して
1/3程度が基準になります。

私はナイロンライン5lbを
多用しているため、
5lbを例に説明します。

まずib(ポンド)だと重さが
想像できないので
グラムに変換します。

2,250g=5lb×450g/lb

上記の値を1/3したものが
ドラグ調整時の目安値に
なります。

750g=2,250g÷3
※3は、上記の1/3の意味

魚が引張った時に
750gの加重が掛かったら
ラインがドラグによって
出されるように設定すればOK。

これを基準に緩めるときは1/4にし、
ラインを出したくないときは1/2に
していけば良いです。

本日もご覧頂きまして、感謝します。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました